年齢を重ねるにつれ、これからは強くて太い筋肉ではないと思うようになってきた。 太い筋繊維こそが、代謝を高めるからとがんばってやってきたが、仕事で忙しくなり休みがちになると、あ〜らら、あっという間に元の木阿弥。体重こそ変わらないが、重い筋繊維が落ちてしまうのだ。 え、体重変わらないのに??でしょう。仕事が忙しいと言うことは、食事の 時間やバランスが崩れるわけで、ついついコンビニの脂っこいものの摂取が多くなる。 で、つまるところが、毛細血管。 あ、失礼、つまるところ、落ちた重い筋繊維の分、軽いラードが体中蓄積されるわけよね。 ということで、筋肉リバウンドの恐怖をここ数年何度か味わい、年齢的な事も考え、そういう自転車操業的な体力維持はもう向かないと位置づけ、関節など身体中の可動域をあげることで、今までついてはいるけど仕事してない筋肉に仕事をさせようという方向に転換して、早5年。変わった事と言えば、右肩が自分の身体の中で先輩となったぐらい。(50肩と診断され、右肩だけが50代になってしまった!) yogaやピラティスをしていいカンジで身体を伸ばしているが、可動域を維持するのがやっとで、なかなかスマッシュヒットな効果を得ていない。 ま、そりゃそうだわな。今までサボって仕事してない社員に急に働けって言っても、鬱になるか、辞めるか、愚痴るしかないのに、我が筋肉が”わかりました、親方!”って、せっせと働きだすわけないんだから。 でも、なんとかしたい。5年後の柔軟性より、今の柔軟性を取り入れ、それを継続させる方が身体にいいだろう。だから、あちこち調べているのだが・・・。 で、最近見つけたのが「 八田永子ストレッチメソッド」。なんか、凄くいい話ばっかり書いてあるけど、これきっと出所一緒なんだろうな。だから、逆に不安なんだよね。でも、こんないい話なら、この金額は高くない。 柔軟系のインストラクターの方にも聞いたけど、情報得られず。 誰か、教えてくれーなのである。