仙台・青葉まつりもいよいよ今度の週末に。ということで、その前の週は、「子と親のウォークラリー」。このところ、毎年正月のはだか参りとこのイベントで年2回大崎八幡宮に来ている。桃山文化を色濃く残すこの装飾は数年前に修復され、今日の天気にさらに栄えを見せていた。寒かったお陰で、桜もまだ残っていた。これは八重桜かな、紅白でなんとも美しかった。 スタートを無事に終え、参加者が参道からいなくなった後、ふと見上げると小さなモミジが強い陽射しに透けるように輝いていた。うむ、綺麗。