久々に海外へ行ってきた。中国の青島だ。地球の歩き方などガイドブックをあれこれ見たが、何百ページもある中で青島情報は4〜8ページとなんとも少ない。どうなることやらと思いつつ行ってみたのだが、これがまたなんともいい感じではないか。ドイツ人が作った街並みの旧市街地、そして高層ビルが乱立する新市街地。ここには人民服も怒濤のような自転車もない。来年北京オリンピックのボート競技の会場にもなっているし、風水的にもいい街だそうで、なんだか土地バブルが起こっているそうだ。オーシャンビューには大きな庭付き別荘がならび、ムム、やるな!なのである。 あちこち大きなクレーンが作業を続け、半年後に訪れたらまた様相が一変しているんだろうなぁと思うことしきりである。 さてさて、そうは言ってもそれはそれ、中国。びっくりすることも沢山なのである。そんなお話をチョロチョロと紹介していこう。  まずはじめは食べ物。四川、広東、飲茶、海鮮と楽しんだが、海鮮の極め付けがこれ。 なんと出てきたのがヒ・ト・デ。釣りしてる時、時々かかるけど、キモいんでポンポン防波堤に捨ててきたが、それ食べるの??と半信半疑で食してみる。裏側真ん中あたりからパキッと半分に割れる。あとは箸で簡単にすくえる。蒸かしたサツマイモのような食感でなんとも美味。形はグロいが、美味しいのである。 DSC02651.jpg 2段重ねだ。一人に一足。こういう単位でいいのだろうか?? DSC02650.jpg