アロハプロジェクト

杜の都・仙台から発信。2011年の震災後、まちの地名や地形を知ることが重要と勉強を始める。と言っても、自分で学ぶより、専門家に聞くのが早いとあれこれ聞くのが早いと独自の勉強法を編み出す。

アロハプロジェクト イメージ画像

2018年08月

子どもたちより一足早く、人生の夏休みもらったので、自由研究しなければと思いつつも、あまりの暑さに断念ちうだった。そんな折、友人が、ミツバチの巣箱から採蜜をするから手伝いにおいでと誘ってくれた。朝8時、巣箱を設置しているご夫婦、僕と妻、丸森の養蜂家の先生、お
『大人な夏休み自由研究【生物の時間】  ミツバチからの家賃徴収』の画像

今年は、明治維新から150年と盛り上がっているところもあるが、東日本では「戊辰戦争から150年」と呼び、そんなに浮かれている場合ではないのよという気運もある。僕ら仙台市内の小学校出身者は、修学旅行で会津へ行き、白虎隊の悲劇を聞き、なぜか白虎杖を購入して帰ってき
『戊辰戦争から150年 で、上野に行ってみた 大人な夏休み自由研究【歴史の時間】』の画像

親戚のおばさんに有意義な情報を教えて頂いたし、もはやあの藪超えは無理で、閖上から船で遡上するしか方法が無いから、もうやーめた。と思っていたのだが、おばさんが「今日、ミズトモが来て、広瀬川と名取川の合流点を見たいって来たんだけど、見つけられなかったんだって
『大人な夏休みの自由研究「広瀬川のしっぽを探せ」その5(完結編)ねぇさん、事件です!』の画像

先日、ヤマキさんが「広瀬川と名取川の合流場所までバイクでズンズン行けるし、上流にはダムもあるんだよ」と教えてくれた。「あ、大倉ダムね」と僕が言うと、「違うよ。その上流に仙台市が作った古いダムがあるんだよ。そして、水道博物館があって、多分ミズトモさん好きだ
『大人な夏休みの自由研究「広瀬川のしっぽを探せ」その4 〜探せないんだったら、広瀬川の頭を探してみようか〜』の画像

合流点に近いだろうと川の右側を走って見たけど、全然広瀬川のしっぽに近づけなかった前回。今回は、川の向こう側なら見えるだろうと逆側を走ることにした。先日見つけた広瀬川ホームページを見たが、なぜかこちら側の説明が薄い。なぜだろうと思いつつも、広瀬橋をスタート
『大人な夏休みの自由研究「広瀬川のしっぽを探せ」 その3』の画像

↑このページのトップヘ