アロハプロジェクト

杜の都・仙台から発信。2011年の震災後、まちの地名や地形を知ることが重要と勉強を始める。と言っても、自分で学ぶより、専門家に聞くのが早いとあれこれ聞くのが早いと独自の勉強法を編み出す。

アロハプロジェクト イメージ画像

2009年07月

なんだかさっぱり夏休みらしい天気にならないね。うちのマンションの子らも外に出ず、エントランスでボール遊びするかお行儀よく一列になってゲーム機持ってゲーム三昧。 もっと健康的に遊びなさいと言いたいところだが、この天気じゃ〜しょうがない。 さてさて、しかしこの
『梅雨明け地からの便り』の画像

広瀬川で涼む人をうらやましく思いつつ、チャリを漕いでいると、おおお、夏じゃん!って、いうGAL発見!。 え、もうGALって死語? じゃ、なんていうんだ!!! こういうタプタプしてなくて露出の多い女性は大好きよ!って、 でもちょっと露出しすぎじゃない。 おじさん、
『急に夏な日2』の画像

梅雨明けはしてないは、気象予報氏(単なる資格ビジネスで、”士”と呼べるものではないだろう)は相変わらず、自信満々に曖昧な表現をしているが、なぜか曇りだけど夜までまで降らないと語っていた。 まぁ、晴れると言って雨降られるよりいいけど、今日は絶対外れだよね。
『急に夏な日1』の画像

ローマで行われている世界水泳のシンクロナイズドスイミングのフリーコンビネーション決勝をテレビで見た。 なんだぁ〜!レッド・ツェッペリンの「天国への階段」に合わせて踊っている、いやスイムしているではないか! ロック不朽の名曲とはいえ、この曲に合わせるなんてと

ご存知ハリー・ポッターの新作は、いよいよ6作目。 僕は生まれて初めて本を読んで泣いた「マディソン郡の橋」が映画化された時、たいそう喜んだ。しかし、 結果はガッカリだった。 いやいやクリント・イーストウッドがおじいちゃん過ぎたということではない。 物置にあった

↑このページのトップヘ