アロハプロジェクト

杜の都・仙台から発信。2011年の震災後、まちの地名や地形を知ることが重要と勉強を始める。と言っても、自分で学ぶより、専門家に聞くのが早いとあれこれ聞くのが早いと独自の勉強法を編み出す。

アロハプロジェクト イメージ画像

2008年08月

はじまりは前作「ダイハード」の監督をした伊藤広重がこんな話あるんですと言い出したエピソードから。映画を作ろうと思って言い出した訳でなく、微笑ましいエピソードだったので、教えてくれた。どういう気分だったかその時の気分が思い出せないが、急にイメージが広がって

人生という道を人はそれぞれ苦悩しながら歩いていく。 それは、一体どういうことなのか? 夢はあるのか、いや、夢は叶うのか? まてよ、叶うという約束がないとやらないのか? 俺の、いや私の子供の頃って、そうだったかしら? そんなこと、思ったことありませんか。 そん
『人にはそれぞれ道がある…』の画像

なんだか今日は蒸し暑かった。重いごはんは食べたくないと今年初の冷製パスタ。妻が作ったバジルペーストと熟れ過ぎたトマトがあったので、こりゃバジルとトマトの冷製パスタだなと、湯を沸かし始める。 あああああ、そうだったそうだった。我が家にはスパゲッティしかなか
『今年初の冷製パスタ』の画像

6年ぶりの沈黙を破りっていうか、そんなの知らないって言われそうだが、待望の第2弾の制作に入ります。え、誰も待望してないって。まぁまぁまぁ。 先日、第一弾作品の「だいはーど」の監督&キャスティングの伊藤広重氏と打ち合わせし、撮影日および方向性についての確認

チャオ・アモーレ・フィルムズ2008年、再始動! やめりゃ〜いいのに、ショートフィルムを作っています。 2002年に処女作「だいはーど」を作成。 カメラを定点に置くワンピース形式で、4つのシチュエーションを積み重ねたギャグ作品を制作。  あれから、6年。 そ

↑このページのトップヘ