アロハプロジェクト

杜の都・仙台から発信。2011年の震災後、まちの地名や地形を知ることが重要と勉強を始める。と言っても、自分で学ぶより、専門家に聞くのが早いとあれこれ聞くのが早いと独自の勉強法を編み出す。

アロハプロジェクト イメージ画像

2007年11月

別角度って言っても、たいした話じゃない。今まで載せたことのない写真を集めただけのこと。 定点観測は、この橋から東側を見ているのだが、今日は通り越して西側から見てみた すぐ横には街が広がっているのに、こんなに緑が。 城下町っぽい橋の欄干だったのでしっかり写
『別角度から広瀬川』の画像

空が高い分だけ、秋の空はアーティストになります。不思議な雲の芸術が、心地よいです。
『秋の空2』の画像

気持ちいい秋の空に色づいたイチョウがいい感じです。気持ちいい風を感じて、ほんのちょっとばっかり地面に寝ころんで眺めてみました。足早に通過しながら見るだけだった公園で、ちょっと一休み。小春日和で気持ちいい秋の日です。
『秋の空とイチョウ』の画像

おとといはいい天気で、あちらこちらからのろしのような白い煙が上がり、広瀬川流域がイモ煮会会場のようでした。こんな近くでいいのと思うくらいみんな寄せ合って鍋を作ってます。だからと言って寄せ鍋ではなく、豚汁です。って、こういうダジャレは、よせ〜って! いかんい
『イモ煮会のメッカ』の画像

この雲は!夕方空を見上げると、大きなイヌワシが大空を羽ばたいているではないか!これは吉報!ベガルタ残り4試合。快進撃の予兆ではないか!思わず、フォルツア、ベガルタ なのである。 (ま、好きな人には、なんでもそう見えると言われればそれまでだが…)
『おおお、ベガルタ!!』の画像

↑このページのトップヘ