埃だらけの道でこんなに喋ったら、口中砂だらけになっちゃうだろうと言うくらいのマシンガン・スピーチ いくらイタリア人でもそりゃ無いだろうとあまりのオーバーアクションに真実味が薄れて、アハハと乾いた笑いで見始めた僕を、ブレーキが効かないから始まったドタバタ劇が