アロハプロジェクト

杜の都・仙台から発信。2011年の震災後、まちの地名や地形を知ることが重要と勉強を始める。と言っても、自分で学ぶより、専門家に聞くのが早いとあれこれ聞くのが早いと独自の勉強法を編み出す。

アロハプロジェクト イメージ画像

更新情報

合流点に近いだろうと川の右側を走って見たけど、全然広瀬川のしっぽに近づけなかった前回。今回は、川の向こう側なら見えるだろうと逆側を走ることにした。先日見つけた広瀬川ホームページを見たが、なぜかこちら側の説明が薄い。なぜだろうと思いつつも、広瀬橋をスタート
『大人な夏休みの自由研究「広瀬川のしっぽを探せ」 その3』の画像

分水嶺という言葉に出会ったのは、かなり昔。新聞の広告欄に森村誠一氏の作品が列挙されていて、「分水嶺」というタイトルを見つけた時だった。人の転機、「もしあの時〇〇しなかったら〜」など、人の転機、心の機微を細やかに描く彼の作風は好きだったが、社会人になって小
『大人な夏休みの自由研究「いとも簡単に分水嶺に出逢う」』の画像

旅のお供のマイチャリ。旅の始まりは広瀬橋。日本初の鉄筋コンクリート橋という表示も掲げられてる若林区河原町と太白区長町にかかる橋だ。江戸時代にはすぐとなりの上流に長町橋と呼ばれる橋が架けられていて、ここが仙台の城下町との境界だった。だから、NHK仙台放送局の情
『大人な夏休みの自由研究「広瀬川のしっぽを探せ」 その2』の画像

↑このページのトップヘ