アロハプロジェクト

杜の都・仙台から発信。2011年の震災後、まちの地名や地形を知ることが重要と勉強を始める。と言っても、自分で学ぶより、専門家に聞くのが早いとあれこれ聞くのが早いと独自の勉強法を編み出す。

アロハプロジェクト イメージ画像

更新情報

 なぜ、あのデブは、ディロフォサウルスに喰われてしまったのか。あんなに意味ありげに恐竜の素(DNA)が、あの島に残されたのに。「そして、何かが生き残った」って、今回のコピーで、てっきりパート2は続編と思っていたが、それなりにそうなのだが、”なにかが違う”って

僕の思うリンチは、冒頭ごく静かにおだやかに幕を開け、ある日常に非日常が出くわす。(ex.散歩していたら耳を拾う。山あいの田舎町、主要産業が木材加工業でその機械がゆっくり動いている。すると湖に少女の水死体が・・・。 このアンバランスが、いわゆる“起”で意味不明

前回の「イングリッシュ・ペイシェント」より更に平均年齢の高い劇場に来てしまいました。 時間ギリギリに入ったら、平日13:40というのに、私は前から3列目に座らなければならないほど混み合っていました。 「イングリッシュ・ペイシェント」の悪夢再び!と、その時点で心を

↑このページのトップヘ