アロハプロジェクト

杜の都・仙台から発信。2011年の震災後、まちの地名や地形を知ることが重要と勉強を始める。と言っても、自分で学ぶより、専門家に聞くのが早いとあれこれ聞くのが早いと独自の勉強法を編み出す。

アロハプロジェクト イメージ画像

更新情報

同級生が亡くなった。突然の訃報。しかも、6月下旬。何も知らずただただ驚いた。彼の声だか、このままの自分ではいかんと、広瀬川河畔をランニングすることに。広瀬川河畔をいつもチャリで走っていたのに、その概念を外し、川べりを走ろうと思った。写真撮ったりと、立ち止ま
『広瀬川の夕陽』の画像

映画館の仕事は過酷ではないが、窓のないフロアだった。そのため雷鳴轟く雨の日など以外は、外がどんな天候なのか知るよしもない。その仕事から解かれた今年、酷暑で自宅に居て、プーがエアコンつけて家で涼しくしているのは、どうも調子が悪い。高校球児の様な環境で、高校
『金足農業の残念を知った時、電話が鳴った…』の画像

子どもたちより一足早く、人生の夏休みもらったので、自由研究しなければと思いつつも、あまりの暑さに断念ちうだった。そんな折、友人が、ミツバチの巣箱から採蜜をするから手伝いにおいでと誘ってくれた。朝8時、巣箱を設置しているご夫婦、僕と妻、丸森の養蜂家の先生、お
『大人な夏休み自由研究【生物の時間】  ミツバチからの家賃徴収』の画像

↑このページのトップヘ